MENUMENU

blogブログ

2024.07.10 スタッフブログ

二世帯住宅を考える

こんにちは。設計の戸石です。

二世帯住宅の需要というものが年々増えてきているように感じる今日このごろですが、今日は、二世帯住宅の世帯の分け方にについて考えてみたいと思います。単純に二世帯住宅と言っても、いろいろな形が存在します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ひとつめは、親世帯と子世帯を、別棟のような形で建てて、それらをドッキングさせたような形

こちらのお宅は、左側が親世帯で平屋建て、右側が子世帯で二階建て。両者をドッキングさせている部分は、共用の和室となっていて、お互いに使用することができますし、一緒に食事をするときにも役に立ちます。玄関は別々なので普段はお隣さん、だけど、家の中で行き来できるので、いつでも顔を合わせることができるというイメージでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ふたつめは、1軒の家のように建っているけど、内部で行き来できないパターンです。

こちらのお宅は、右側が親世帯、左側が子世帯となっていて、中で行き来ができない、いわゆる長屋建てといわれる建て方です。顔を合わせるには、玄関から行き来するか、庭から行き来するということが必要になります。お互いに干渉されたくないという方には、おすすめです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3つめは、玄関がひとつで、1Fと2Fで分けるというパターンです。

こちらのお宅は、玄関は共用で、1Fは親世帯、2Fは子世帯という形です。

1Fと2Fで、親世帯と子世帯を分けるというケースの建て方でも、敷地の間口によって、玄関をひとつにしたり、ふたつにしたり様々です。玄関がひとつというケースは、お互いに顔を合わせるということが多いと思われます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4つめは、玄関がふたつで、1Fと2Fで分けるというパターンです。

こちらのお宅は、正面に見えている引違戸が1F親世帯用で、その右側に見える屋根付きの部分のドアが子世帯への入り口です。玄関を入っても、顔を合わせることがないので、比較的プライバシーを重視したような間取りとなります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回は4パターンのお宅をご紹介しました。ひとくちに二世帯住宅と言っても、世帯の分け方だけでも様々なパターンが存在します。二世帯住宅をご検討の場合は、どういう暮らし方をしたいかという漠然としたイメージで結構ですので、お伝えいただければ、豊富な実績・ノウハウをもってご提案いたします。

Contactお問い合わせ

本当にいい家って
なんだろう?

あなただけの答えを共に見つけましょう。

緑町モデルハウスに 行ってみよう!