高齢者の方が住みやすい家とは

高齢化が進み、おじいちゃん・おばちゃんなど高齢の方と一緒に住まれる家庭も増えてきたのではないでしょうか?今までは子育てのしやすさや自分たちが過ごしやすい間取りでも大丈夫でしたが、高齢者の方が住みやすい家となるとまた少し違ってきます。今回はそんな家の特徴についてお伝えいたします。

・バリアフリーを導入しよう
若い人たちにとってはなんともない段差や階段でもお年寄りにっとては大変辛い場合がございます。階段の段差を低くしたり、手すりをつけるなど高齢者の方が一人でも移動しやすいようにしましょう。車椅子で生活されている方のために、スロープを設置したり、廊下を広くするとさらに快適に過ごせるでしょう。またお風呂場やトイレなど水回りの配慮も忘れずに行いましょう。

・寝室は目が届くところにしよう
介護する方と介護される方の距離を近くにするのも大切なポイントの一つです。何かあってもすぐに駆けつけることができるようリビングの近くなど目の届くところに寝室を設置するようにしましょう。また話相手が近くにいれば寂しさも和らげることができますよね。

家族全員が快適に過ごせる家づくりを目指してみて下さい。