開放感のある家~メリット~

広々とした、開放感のある家で暮らすのには誰もが憧れますよね。今回は開放感のある家に暮らすメリットについてお伝えします。

家族とコミュニケーションを取りやすい
いくつかの部屋が一つになっていたり、吹き抜けで一階と二階が繋がっている家では、家の中のどこにいても家族の存在を感じることができます。特に小さな子どもや祖父母と一緒に暮らしている場合は、家の中であっても危険がないとは言い切れないですよね。家族がどこで何をしているのかを常に確認できれば家の中で安心して過ごせます。

日光が入りやすい
家に吹き抜けがあれば、二階のガラス窓から一階全体に日光が入ります。また、部屋が分かれていると、間取りによっては日光の届かない部屋が出てくる可能性がありますが、一緒になっていればその心配もありません。日光の入りやすい家を作ることができれば、日中は電気を点けずに快適に過ごせます。

いかがでしたか?開放感のある家では自然光によって明るい空間で、家族がコミュニケーションを取り合って過ごせます。こうしたメリットばかりが目につきやすいですが、次回は開放感のある家のデメリットについてお伝えします。