新築住宅の疑問~抵当権設定登記って何?

前回は、所得権移転登記について解説させていただきました。
そして、今回は、不動産登記のひとつである抵当権設定登記の疑問についてお話ししたいと思います。

まず、抵当権設定登記とは、抵当権の設定が記載された登記のことです。
また、抵当権とは、借金の形として担保される権利のことを指します。

・なぜ、抵当権設定登記をしなければならないのか?

お金を貸した相手方が、その返済をできなくなったとき(債務が履行できないとき)、その返済金額に代わる補填をするために、貸し手と借り手が交わす約束です。

原則、借り手は土地や建物を担保として提供にしないと、お金を借りることができません。
つまり、抵当権設定登記をしなければ、住宅ローンを借り入れることは難しいということです。

・では、抵当権の設定が行われるのは、どのようなときなのか?

一般的には、あなたが、お金を借りて、金融機関と抵当権設定契約を結ぶときです。

・抵当権設定登記は、費用がかかるのか?何の費用がかかるのか?

登録免許税と司法書士への報酬の2点です。
登録免許税は、登記の申請を行う際に課税される税金です。
借入金額の0.4%とされています。
司法書士への報酬は、4万円ほどかかります。

いかがでしょうか?抵当権設定登記は、ローンを借り入れる場合は、必ず行わなければならない登記です。
また、費用もかかるので、資金計画もしっかり練りましょう。