所有権移転容器の疑問~自分で登記するリスク

前回では、自分で行う登記手続きについてお話ししました。
しかし、ご自身で登記申請する方は多くは無いと、お話しました。
金融機関が許さないというのも一つの理由ですが、何よりも大きな理由は、リスクの大きさです。

なぜリスクが大きいのか?
それは、自分より先に、別人から別の登記申請をされる可能性があるからです。

【では、例を用いてお話しします。】

さんが土地のもともとの所有者(売主)で、さんが今の所有者(買主)だとします。
購入したのさんは早速、自分の名義に登記をするため、申請の準備をはじめましたが、準備に時間がかかり、登記を申請するまでには至っておりません。
この段階では、さんが登記簿上で所有者です。

ところが、売り主のさんは、さん売ったはずの土地を無断で、第三者のさんに売ってしまいます。(二重売買)

そして、何も知らない新たな買い主さんが、さんより先に所有権移転登記を終わらせました。

さて、この場合、最初の買い主さんは、その土地を所有することができるのでしょうか?

答えは、Y E Sです。
先に登記をできなかったさんに、対抗力はありません。

たとえさんに、売買代金の返還を請求したとしても、さんに返還を逃れられてしまったら、取り返しがつかないことになります。

一方で、司法書士に不動産登記をお願いした場合は、手続きも早く、正確な登記をしていただけます。
第三者に対して権利を主張するための大切な登記です。

ご自身で登記を行うことで、確かにコストは抑えられるかもしれませんが、もし、このような出来事が自分に降りかかってしまうと、それ以上の被害をこうむることになってしまいます。

やはり専門家による、不動産登記をおすすめします。